S0536人権(同和)教育

閲覧数127
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/10/08 15:46
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程
    中学校教諭免許課程
    S0536「人権同和教育」第1設題レポートになります。
    ご参考にどうぞ。
    本レポートの作成は2019年になります。
    第1設題『50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50 年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学
    校における人権(同和)学習のあり方を構想してみること。
    (1)
    戦 後 の 同 和 教育に ついて 京都市 の取り 組み を振り 返り 、今 後の人 権(同
    和 )教育 の在 り方を 考える 。
    同 和教育 とは、人 間の自 由と 平等に 関する 問題で ある 。「同 和問題」や
    部 落が受 けて いる非 人道的 な差別 問題 の解決 を目指 して、お 互いに 密接
    に 関連し 合い ながら 取り組 まれて いく 同和教 育を解 決するた めの教 育の
    営 みの総 称で ある。 部落差 別によ って 、経済 的貧困 や劣悪な 居住環 境に
    住 まうこ とを 余儀な くされ 、子ど も達 に満足 な教育 を受けさ せるこ とも
    ま まなら ない 状況が 続いた 差別問 題に 対して 、戦後 様々な取 り組み が行
    わ れてき たの である 。
    1945 年 、 太平洋 戦争に 敗れ た日本 は、 GHQ の主 導のも とに平 和で 民
    主 的な国 家の 建設に 向けて 歩みだ した。そ して、1947..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。