八洲学園大学 図書館概論 2019年春期 第2回課題レポート

閲覧数919
ダウンロード数15
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員1,320円 | 非会員1,584円

    資料紹介

    八洲学園大学 図書館司書コース
    図書館概論
    2019年春期 第2回課題レポート
    課題レポート評価はAでした。
    このまま提出せず参考として使って下さい。
    【設問】
    ●1) 日本の図書館が抱える課題,2) 1)の課題を解決するために司書の果たすべき役割,の2点について具体的に論じなさい。
    (自分で館種を設定してもよいし,すべての図書館を念頭に置いてもどちらでもよい。)
    (1,600字以上1,800字以内にまとめること。)
    *多少の文字数(200字程度)の超過は認める。字数の超過よりも内容を重視してほしい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「図書館が抱える課題と司書の役割についての考察」
    1.はじめに
    モノから情報へという、社会の価値のしくみが大変化を起こしている現代において、情
    報に対する市民の欲求はかつてないほどの高まりを見せている。
    公共図書館が、市民への情報提供の役割を担う機関だとすれば、公共図書館はその機能
    を市民に対して十分に果たせているのだろうか。
    ここでは、公共図書館が抱える課題を踏まえ、それを解決するために司書の果たすべき
    役割について考察してみたい。
    2.図書館の抱える課題
    図書館は市民にとってのサービス機関と呼ばれる(注1)。サービス機関であるならば、
    提供されるサービス如何によって、市民に必要とされるのか、あってもなくてもよいのか
    が利用者に問われることになる。図書館を構成する要素は、資料、施設(設備)、人(職員・
    利用者)(注1)である。この三つの構成要素が三位一体となり、これらの限られたリソー
    スを活かし、最大限のサービスを提供しなければならない。文部科学省の「これからの図
    書館像」では、「あらゆる情報を一個所で提供しうる「ワンストップサービス」機関であり,
    職員がそれを案内するサ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。