【日大通信】情報概論(R32300)課題1【2019~2022年度】 (1)

閲覧数191
ダウンロード数1
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/09/20 10:04
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    日本大学通信教育部、情報概論 課題1 合格レポートです。(2019年度~2022年度の新教材)

    (課題)  経済産業省は「キャッシュレス・ビジョン」を推し進めています。情報技術の観点(デジタル・トランスフォーメーション,ブロックチェインのキーワードを押さえて)からどのようなメリット,デメリットがあるかまとなさい。

    電子マネーに関する情報や、ブロックチェインと仮想通貨について論じてあり、きちんと課題を理解しています。と合格評価を頂きました。


    丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。ご使用は自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【日大通信】2019 ~2022 年度リポート課題
    情報概論(R32300 )分冊1 課題1
    経済産業省は「キャッシュレス・ビジョン」を推し進めています。情報技術の観
    点(デジタル・トランスフォーメーション,ブロックチェインのキーワードを押さ
    えて)からどのようなメリット,デメリットがあるかまとめなさい。
    ポイント・キーワードと参考文献
    〈ポイント〉
    教科書の「ビジネスにおけるインターネット利用」をよく読んで,日常生活にか
    かわる発展的な内容の電子商取引を報告することを期待する。過去話題になった仮
    想通貨リスクや基盤となる技術であるブロックチェインとの関連を言及することが
    望ましい。
    〈キーワード〉
    ビジネスにおけるインターネット利用 電子マネー 仮想通貨 ブロックチェイ

    〈参考文献〉
    経済産業省(http://www.meti.go.jp/)のホームページ
    IT パスポート試験教科書
    我が国では、現金を使わずに代金を支払う「キャッシュレス化」が少しずつ広がってき
    ている。また、経産省では、平成 30 年4月のレポートにおいて「キャッシュレス・ビジ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。