イギリス文学史Ⅱレポート分冊1

閲覧数371
ダウンロード数2
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/08/26 15:17
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    イギリス文学史Ⅱ 課題1
    2 ヴィクトリア朝時代(1830~1880)の特徴を説明し、かつ代表的な思想家、小説家、
    詩人などを5名挙げて、それぞれの特質を述べなさい。その際に具体的な作品に言及する
    こと。
    〈ポイント〉
    いずれも時代の特徴にまず目を向け、それを説明してから具体的な作家(小説家、詩人
    、劇作家、批評家など)の作品を取り上げて説明すること。
    〈キーワード〉
    imagination, Victorianism, modernism, the age of anxiety
    ヴィクトリア朝時代のイギリスは、安定した国力充実の時期を迎え、商工業国としてか
    つてない繁栄をとげ活力に溢れていた。しかし高度な産業革命の発展による経済的繁栄が
    労働者階級に反映されることはなく、貧富の差が一層広がるといった社会的矛盾も抱えて
    いた。労働者階級は「残酷の 30 年代」というみじめな時代を経て、参政権獲得の為に「
    チャーティスト運動」を起こして社会改革運動を盛り上げた。彼らの戦いは、飢饉によっ
    て「飢餓の 40 年代」と言われた深刻な食糧不足問題と絡み合い、後の第二次選挙法改正
    や労..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。