S0618 算数科教育法 2019年新テキスト・シラバス対応

閲覧数10,605
ダウンロード数17
履歴確認

    • ページ数 : 13ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    新テキストを購入し、新学習指導要領を参考にするなどして、0から書き上げたオリジナルのレポートです。
    算数科教育は合格が難しいと言われていますが、こちらのレポートにある学習指導案を基に模擬授業を行ったところ合格しました。ちなみに試験も90点で受かっております。

    設題は、
    (1)算数科と数学科,算数・数学教育学の学び,算数科教育の目標(学習指導要領)と評価(目的・時期・主体・内容と方法)について,概要を説明せよ。
    (2)「数と計算」領域における「数の分解・合成」について学習指導案を作成せよ。
    です。レポートの丸々の引用はお控えください。罰せられます。
    こちらを参考程度に、新テキスト・自らの考察を付け加えるなどしてご利用ください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新テキストを購入し、新学習指導要領を参考にするなどして、0から書き上げたオリジナルのレポートです。
    2019年に提出し、合格いたしました。
    新テキスト、B-netでの動画提出の設題に対応しております。

    設題は、
    算数科と数学科,算数・数学教育学の学び,算数科教育の目標(学習指導要領)と評価(目的・時期・主体・内容と方法)について,概要を説明せよ。
    です。レポートの丸々の引用はお控えください。罰せられます。
    こちらを参考程度に、新テキスト・自らの考察を付け加えるなどしてご利用ください。

    (1)算数科と数学科,算数・数学教育学の学び,算数科教育の目標(学習指導要領)と評価(目的・時期・主体・内容と方法)について,概要を説明せよ。

     算数科を指導するにあたって重要であるうちの一つは、算数・数学教育学の知見を学ぶことである。現在、指導方法から評価に至るまで、様々な角度から算数・数学科の研究が進んでいる。そういった研究の成果によって、児童の誤答率の高い問題はどういった文章であるのか、どういった点でつまづきやすいのか、ということを知ることができるのである。児童がどこでつまづいてしまうのか、...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。