【最新2019~2022年度】日本大学通信 歴史学 課題2 合格レポート

閲覧数388
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    • 最終修正日: 2019/11/12 13:18
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    2019~2022年度 日大通信 歴史学 課題2の合格レポートです。合格したばかりですので、参考としてのご利用とし、丸写しはご遠慮ください。

    課題:通信教育教材『歴史学(第四部〜第八部)』から時 代及び地域が共通する1〜2名の人物を選び、彼らの 生きたところの時代概観及び地域のあり方を論述しな さい。
    なお、リポートのはじめに、選択した人物名・地域 名・時代を明記すること。
    例えば、「アタテュルク・ヌルスィー・ベイ│トルコ・ 近代史」、「ベルヒトルト・エーレンタール・カイザー │ヨーロッパ・近代史」など

    参考文献:日大教材、「英米史辞典」松村 赳、 富田 虎男、「第一次世界大戦―目で見る戦史」A.J.P.テイラー、 倉田 稔、「イギリスとヨーロッパ―孤立と統合の二百年」細谷 雄一 、「イギリス外交史 」佐々木 雄太、 木畑 洋一

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:通信教育教材『歴史学(第四部〜第八部)』から時 代及び地域が共通する1〜2名
    の人物を選び、彼らの 生きたところの時代概観及び地域のあり方を論述しな さい。
    なお、リポートのはじめに、選択した人物名・地域 名・時代を明記すること。
    例えば、「アタテュルク・ヌルスィー・ベイ│トルコ・ 近代史」、「ベルヒトルト・エーレ
    ンタール・カイザー │ヨーロッパ・近代史」など
    カイザー、グレイ外相 ヨーロッパ 近代史
    ヨーロッパシステムを崩壊させ、各国を第一次戦争へと向かわせた要因について、ドイ
    ツのカイザー・ヴィルヘルム二世と、イギリスのグレイ外相を通して述べる。
    カイザー・ヴィルヘルム二世は、「ドイツの未来は海上にあり」と、世界政策を展開した。
    しかし危機を感じたロシアとフランスが同盟を結び、ドイツはロシア・フランスの両者と
    戦わなければならない「二正面戦争」を行う危険性が生じてきた。ドイツ陸軍参謀総長の
    シュリーフェンは、この状況の打開策として「ロシアの動員が完了する前に、電撃作戦で
    フランスを叩き、その後に全勢力をロシアへ向ける」という計画を立てた。これが「シュ
    リーフェン・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。