(優)福祉心理学の枠組みのひとつである人間理解が「心理学的視点」からはどのように行われるかについてまとめ、考察しなさい。

閲覧数4,943
ダウンロード数13
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成通信大学のレポート課題です。

    科目名「福祉心理学」
    評価は優(優、良、可、不可のうち)

    課題
     福祉心理学の枠組みのひとつである人間理解が、「心理学的視点」からはどのように行われるかについてまとめ、考察しなさい。

    「高齢社会とは何か」「高齢者とは何か」、そして病や死の時期の「尊厳のあり様」について自らの体験等に基づき、見解を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課 題)
    福祉心理学の枠組みのひとつである人間理解が、「心理学的視点」からはどのように行われるかについてまとめ、考察しなさい。
    (解 答)
     福祉心理学の講義の中で、福祉心理学とは、全ての人がよりよく生きることができるよ うに、すなわち一人ひとりの存在そのものが尊重され、その人自身が内面的に幸福感を増進させ、生活の質が向上していくように、人が生まれてから死ぬまでのどのライフサイクルにおいても心理学を活用し貢献させていく為の学問であると学んだ。
     本来、社会とは一人ひとりの幸せ追及の場であり、生活の質を高めるための方法や技術を提供してくれる存在でもあるはずだが、現代社会では決してそのようにはなっていない。社会における数々の問題や課題を、生まれてから死を迎えるまでのライフサイクルに照らして考え、一人ひとりにとっての人生の意味と突き合わせながら社会制度や福祉サービスを適切に活用していくことが求められる。¹⁾
      社会福祉の実践において、人間が人間に対して行う援助の仕事としての専門技術を考えた時、心理機能、人格等についての考え方や心理診断、カウンセリング、心理療法等の理論と技術がその大きな支..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。