(優評価)「高齢社会とは何か」「高齢者とは何か」病や死の時期の「尊厳のあり様」について体験等に基づき、見解を述べよ。

閲覧数237
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/08/19 17:48
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    社会福祉士養成通信大学のレポート課題です。

    科目名「高齢者福祉論」
    評価:優(優、良、可、不可のうち)

    課題
    「高齢社会とは何か」「高齢者とは何か」、そして病や死の時期の「尊厳のあり様」について自らの体験等に基づき、見解を述べよ。

    「高齢社会とは何か」「高齢者とは何か」、そして病や死の時期の「尊厳のあり様」について自らの体験等に基づき、見解を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    (課 題)
    「高齢社会とは何か」「高齢者とは何か」、そして病や死の時期の「尊厳のあり様」につい
    て自らの体験等に基づき、見解を述べよ。
    (解 答)
    高齢者福祉論の講義で、老いについてや高齢者を取り巻く諸問題等を学び、これまであ
    まり関心を持つことがなかった「高齢者」や高齢者を取り巻く環境等について考えるきっ
    かけとなった。ここから、「高齢者とは何か」、「高齢社会とは何か」そして、「病や死の時
    期の『尊厳のあり様』」について順に述べていきたい。
    まず、「高齢者とは何か」といった問いについて考えていきたい。高齢者の定義は時代や
    社会によって異なり、必ずしも普遍的なものではない。国際連合で 1956 年に 65 歳以上を
    「高齢者」としたのを契機に、現在では多くの国で、高齢者は暦年齢 65 歳以上と定義され
    ている。日本でも、介護保険の適用、雇用の延長、公的年金の受給開始年齢からすると、
    高齢者の定義は 65 歳以上と見るのが一般的だといえるだろう。また、平均寿命の伸長に伴
    い、65 歳以上の高齢者の年齢にも幅が生じてきて、65 歳から 74 歳までの高齢者を前期高
    齢者、75..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。