【2019年度】A評価 S0610 国語科概論 リポート

閲覧数300
ダウンロード数6
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/08/13 13:20
    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2018年度設題も、文は多少異なりますが問われている内容は似ていますので、参考にしていただければ幸いです。

    最新版(2019年度時点)のテキストを利用し、作成しました。

    他の4年制大学を卒業しております。リポートや卒業論文を書いてきましたので、リポート執筆の際のお手伝いができましたら幸いです。

    ※A評価と記載しておりますのは、大学からのフィードバックに全くマイナスな部分がなく評価をいただいたので、2018年度におけるA評価に相当するだろうと判断し、このように記載させていただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    【 第1設 題】
    テ キ ス ト の 内容を 踏まえ 、指定 され た章立 て(第 一設題の 留意点 に記
    載 )に基 づい て国語 科教育 の内容 と方法 につ いて論 述しなさ い。
    1章 小 学 校 におけ る「話 すこと ・聞く こと 」の指 導のポイ ント
    授 業 の 現 状 から、 コミュ ニケー ショ ンの空 洞化が 課題とい える。 ある
    子 どもが 発言 してい る最中 に割り 込ん できた り、ど んな時で も声を 揃え
    て 「いー でー す」と 言った りする 状態 となっ ている 。自分が 話した い欲
    求 のまま に他 者の発 言を遮 る、言 いた いこと や聞き たいこと があっ ても
    多 数派の 意見 に同調 するこ とが目 立って いる のであ る。
    話 す こ と ・ 聞くこ との指 導内容 とし て取り 上げる 大切なポ イント は、
    ⑴ 「朗読 ・群 読で声 を届け 合う」 ⑵「 コミュ ニケー ションの なかで 聞く
    力 を育て る」 ⑶「学 びの基 礎とし ての話 し合 い」の 3点であ る。
    ⑴ につい て、 朗読と は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。