日大通信 異文化間コミュニケーション概論 2019~2022年レポート「まとめ方、要約の仕方」付き

閲覧数945
ダウンロード数9
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/07/09 10:36
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    日大通信 異文化間コミュニケーション概論 2019~2022年レポート「まとめ方、要約の仕方」付き
    丸写しはさけて、参考にしたり、学習に役立てたりしてください。

    「基本的に文化の違い、その意味について理解されていてよろしいです」というコメントをいただきました。
    N31700 異文化間コミュニケーション概論 2単位 教材コード 教材名 著者名等 000568 『Beyond Boundaries ─グローバル社会の異文化コミュニケーション─』 池口 セシリア・八代 京子 出版社名 金星堂

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    異文化間コミュニケーション概論 2019 ~2022 年レポート課題1
    、横書解答
    次の2問とも答えなさい。
    1 .教材 Unit I の Chapter 4 Time in Communication を 800 字から 1,000 字以内で
    日本語でまとめなさい。
    2 .教材 Unit II の Chapter 8 Self-assertiveness の内容をよく理解し,異なる文化的背
    景を持つ人々と接する際に留意すべき点を異文化間コミュニケーションの観点から書きな
    さい。(800 字から 1,000 字以内)

    異文化間コミュニケーション概論 課題1ポイント・キーワードと参考文献
    〈ポイント〉
    両問とも必ず教材の内容を基本にして答える。
    〈キーワード〉
    1.Monochronic and polychronic time
    2.Assertive communication


    まとめ方、要約の仕方
    Chapter 4 Time in Communic ation の方は全部を訳すと 1400 字くらいになります。800
    字から 900 字く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。