日大通信 東洋政治史 2019〜2022年度 課題1 合格レポート

閲覧数458
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/06/19 10:30
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    日大通信 東洋政治史 2019〜2022年度 課題1 合格レポートです。
    丸写しせず、参考程度にご利用ください。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    東洋政治史 課題 1
    毛沢東時代の社会主義建設について述べなさい。
    <ポイント>
    まず、テキストの該当箇所を良く読むこと。そして、政策の内容やその影響な
    どを理解した上でリポートを作成すること。
    <キーワード>
    農業の集団化、百花斉放・百家争鳴運動、反右派闘争、大躍進運動、経済調整
    1はじめに
    中華人民共和国の建国時、国家主席として毛沢東が選出された。毛沢東が行
    った政治により、どのように社会主義が建設されていったのか、以下で詳しく
    見ていく。
    2農業の集団化について
    1955 年 7 月において毛沢東は、「過度期の総路線」で示された漸進的な農業
    集団化に反対の立場を明確にして、急激な農業集団化を呼びかけた。その結果、
    耕地や役畜などの全ての生産手段の個人所有を禁止して集団のものにする「高
    級合作社」という形態となり、翌年末には農業の集団化がほぼ完成した。さら
    に、私営商工業の公私合営化も行われ、資本主義企業の社会主義化も進められ
    た。この様な急激な社会主義への路線転換は、毛沢東個人の判断や決定によっ
    て断行されたのである。
    しかし、農業の集団化や私営商工業の公私合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。