【日大通信】経済史総論(R20200)分冊2【2019~2022年度】

閲覧数337
ダウンロード数2
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/06/13 10:39
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    【日大通信】経済史総論(R20200)分冊2【2019~2022年度】

    経済史総論分冊2の合格リポートです。

    実際に当方が提出して合格した内容のものをアップロードしています。
    丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。
    ご使用は自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【日大通信】2019~2022 年度リポート課題
    経済史総論(R20200)分冊2
    課題2
    市民革命(ブルジョア革命)の経済史的意義について述べなさい。
    〈ポイント〉
    ヨーロッパでは 16 世紀から 18 世紀にかけて領主権を国王に集中し封建的支配体制の再
    編・強化を図ろうとする中央集権国家(絶対王政)が成立した。絶対王政は、封建経済の基
    盤を掘り崩す小ブルジョア的商品経済の発展を抑止する政策を採ったが、絶対王政下で成
    長した近代市民層(ブルジョアジー)は市民革命によって自らの利益を代弁する国家を樹立
    していく。市民革命で追求された社会経済的課題について言及しなさい。
    〈キーワード〉
    絶対王政,産業規制(ギルド規制),特権企業の保護,封建的土地所有の廃棄
    〈参考文献〉
    『経済史をやさしく学ぶ』石川治夫著(中央経済社,2013 年)
    【講評】ポイントをおさえてまとめています。文章やその構成についても良いでしょう。
    【個別評価】記載なし
    ⑴絶対主義
    14~15 世紀のヨーロッパでは封建的勢力全体の弱体化が始まった。中でも強く影響を受
    けたのは中小領主層であった。代..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。