【日大通信】経済史総論(R20200)分冊1【2019~2022年度】

閲覧数371
ダウンロード数3
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/06/13 10:27
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    【日大通信】経済史総論(R20200)分冊1【2019~2022年度】

    経済史総論分冊1の合格リポートです。

    実際に当方が提出して合格した内容のものをアップロードしています。
    丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。
    ご使用は自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【日大通信】2019~2022 年度リポート課題
    経済史総論(R20200)分冊 1
    課題1
    西ヨーロッパにおける封建制(農奴制)社会の成立について述べなさい。
    〈ポイント〉
    4 世紀末のゲルマン民族の移動、7 世紀後半以降のイスラム教徒の地中海進出などによ
    って古代商業は衰退に向かい、さらに 8 世紀以降ヴァイキングの南下やマジャール人の侵
    入によって、西ヨーロッパは自然経済的な状態となり、その過程の中で中世の新しい秩序=
    封建制度が形成されていった。西ヨーロッパの封建制(農奴制)社会がどのように成立して
    きたのかを述べなさい。
    〈キーワード〉
    異民族の侵入,フランク王国(カロリング朝),古典荘園,農奴
    〈参考文献〉
    『ヨ一ロッパ経済史Ⅰ─ムギ・ヒツジ・奴隷─』中川洋一郎著(学文社,2011 年)
    【講評】要点をおさえてまとめています。文章やその構成についても良いでしょう。
    【個別評価】記載なし
    ⑴ゲルマン人の大移動
    ヨーロッパでは紀元前 4000 年頃から、後にインド・ヨーロッパ語族と称される人々が
    黒海の北側のステップ地帯に暮らし始めており、牧畜を生業と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。