地域福祉における社会福祉法人の現状と課題について

閲覧数400
ダウンロード数1
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/06/11 14:47
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    地域福祉における社会福祉法人の現状と課題について、考察しなさい
    社会福祉法人の問題を考える際にまず、社会福祉法人という法人格の設立に至った歴史、経
    緯、背景事情等、それから地域福祉とは何かを理解しておく必要がある。はじめに社会福祉法
    人についてであるが、日本の社会福祉制度の基盤が整いだしたのは戦後の事である。早急に社
    会福祉事業に関する基盤を整えるためには、国及び地方公共団体並びに民間が一体となって取
    り組む必要があり、その目的達成のために創設されたものが社会福祉法人制度であり、措置委
    託制度(措置制度)である。これは、元来行政の責務としての福祉サービス事業を、行政主導
    の措置委託という形式で社会福祉法人に委託をし、受託した社会福祉法人が福祉サービスを提
    供するという仕組みである。この基本的仕組みが戦後から約半世紀の間に渡り続いてきた経緯
    がある。
    以上のような背景事情のもと、社会福祉法人には公益的取り組みや、地域貢献活動が求めら
    れ、生活困窮者や生活問題を抱える人々に対して、各々の施設種別の特性や強みを発揮し、よ
    り積極的な支援活動を行い、地域社会におけるセーフティーネット..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。