W0853_精神保健福祉援助技術各論第2設題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数83
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Bnetで受理されました。試験の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0853 精神保健福祉援助技術各論
    第 2 設題:精 神障害 者の地 域生活 支援に おい て、専 門職が かかわ るグ ル
    ー プワー クと 当事者 中心の セルフ ヘル プグル ープ、 それぞれ の目的 と進
    め 方の工 夫に ついて 整理を したう えで 、グル ープの もつ社会 的意義 につ
    い て考察 しな さい。
    集 団 精 神 療 法(グ ループ ワーク )を 行うと きには 、三つの側面か ら支
    援を行う 。三つの側 面とは 「メン バー 同士の精神保 健福祉士 等スタ ッフ
    との関係 」「メン バー同士の相 互作 用」「グル ープ全 体」のこ とであ る。
    精 神保健 福祉 士は、常にこの三つ の側面 を意識して支援をし ていく 。
    精 神 保 健 福 祉士は、ひ とりひ とり のメン バーを 支援す るた めにも 、個々
    の メンバ ーを よく理解する必要がある 。メン バーひ とりひと りにつ いて
    の 情報を事前 に把握 し、ア セスメ ント をして おく、 ひとりひ とりの ニー
    ズ や課題を知 るだけ ではな く、こ れま での生 活歴、 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。