W0517_社会学第2設題

閲覧数153
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/05/30 14:29
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員756円 | 非会員907円

    資料紹介

    Bnetで受理されました。試験の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0517 社会学
    第 2 設題 :共生 社会の 可能 性と問 題につ いて考 察し てくだ さい。
    社会の変化のなかで、こ れから の私 たちの生活に とって欠くこと ので
    き ない価 値観 となる のが、 異質性 の尊重、そ して他 者性の重視とい う意
    識 だと考 える 。そし て、こ うした 意識 を支え るのが 人間相互の「権 利の
    尊 重」と いう 考え方であり 、全体 的な イメー ジを喚起させるキーワ ード
    が 共生社 会で ある。 共生社 会とは 、異質で多 様な人 々が、お 互いの 多様
    性 を前提にし 、また尊重し合いな がら 、自分 たちの 暮らしのあり方 をよ
    り 豊かに掘り 下げて いける 社会の こと を意味すると考える。こうし た共
    生 社会を 志向する原 点は 、「 社会学 」的 思考が 生まれ る母体ともな った ヨ
    ー ロッパ 近代の「権 利思想 」にま で遡ること ができ る。
    しかし現在の社会 情勢に おいて は、 そうし た方向 性を困難 にする要因
    が 数多に存在してい る。第 一に、 ソ連 崩壊以 後、世 界各地で 民族紛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。