W0513_社会福祉行政論第2設題

閲覧数266
ダウンロード数2
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/05/30 13:28
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員756円 | 非会員907円

    資料紹介

    Bnetで受理されました。試験の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0513 社会福祉行政論
    第 2 設題:社 会福祉 におけ る相 談支援 体制の 現状に ついて 総括的 に説 明
    す るとと もに 、サー ビス利 用者の 立場 から福 祉行政 の専門諸 機関や 地域
    の 相談シ ステ ムを含 めた地 域にお ける 相談体 制のあ り方につ いて述 べて
    く ださい 。
    相 談 窓口に おい ては 、サー ビス の利用に関す る相談や申請を行う こと が
    で きる。 しか し、福祉サー ビスに 関す る相談 の特色 として、 サービ スや
    支 援を積極的 には求 めよう としな い、 あるい は支援 を拒否す る住民 の存
    在が確認され ている 。これ につい て、 地方自 治体と しては住 民のもつさ
    ま ざまな ニー ズ(潜 在ニー ズ)を でき るだけ 早期に発見し、問題や ニー
    ズ の重度化や 複雑化をでき るだけ 予防するこ とが必 要である とされ てい
    る。この ため には、 近隣住 民から の情 報提供 につい ても積極 的な対応を
    す ること が求 められ るよう になっ ている と考 える。
    住民は市町村など の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。