アルコール依存症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数395
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士通信課程のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アルコール依存症
    アルコール依存症はお酒を飲む人であれば、だれでも発症する可能性のある病気である。
    そもそもアルコールは少量であれば、動脈硬化の予防・血栓塞栓症の予防・ストレスの軽減等の効果があるとい
    われている。
    しかしながら、長期間頻回にアルコールを摂取し続けることで、次第に耐性ができ、酔うためには大量の摂取が
    必要になる。大量のアルコール摂取による体への悪影響が出始め、飲酒を控えても、今度は「離脱症状」という、
    不安やイライラ、手の震え、不眠、発汗、嘔吐などに悩まされ、自分ではどうすることもできず、飲み続けてし
    まうこととなる。また、アルコール依存症は自分自身が病気であることを認識..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。