国際経済論 分冊1

閲覧数653
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    合格レポートになります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際貿易理論の展開について整理し、自由貿易主義に対する自身の考えを述べよ。
    【ポイント】
    伝統的貿易理論から近代的貿易理論までの理論的な発展を整理し、それらの理論がどの
    ような政策論に結びついているかを確認しておくこと。
    国際貿易とは、国境をまたいで行われる経済的取引とされている。これは商品やサー
    ビスが該当する。国際貿易理論の特徴には、不完全競争と相対的競争原理がある。ケア
    ンズは、貿易は限定された領域の中での取引であるとし、無競争状態にあることを示し
    た。これが不完全競争の理論となる。また、相手国との収支の均衡を考える特徴がある
    ことから、これを相対的競争原理としている。相対的競争原理は、伝統的(古典派)貿
    易理論として考えることができる。貿易国間で自国が相手国よりもコスト面で安く生産
    できるものは自国で生産、輸出するが、自国よりも相手国のほうがコスト面で安く生産
    できるものは、相手国から輸入する形態をとっている。国によって特化できるものがあ
    ることで、効率の良い国際経済全体の利益や生産性向上にもつながる。国際貿易におけ
    るこのような分業に関する理論が、リカードが提唱した比較..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。