法律学概論 分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数197
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格レポートになります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の適用に関する通則法3条(旧法令2条)、任意法規、事実たる慣習について、それぞ
    れの内容を論じ、さらにこれがもたらす矛盾(と解決法)を説明しなさい。
    【ポイント】
    制定法と慣習法の違いについての理解
    【キーワード】
    強制法規
    任意法規
    法の形式的効力
    【参考】
    ポケット六法 山下友信、山口厚 有斐閣 2016年9月
    法とは何か 渡辺洋三 岩波新書 1998年2月
    http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H18/H18HO078.html
    法の適用に関する通則法3条とは、条文として法律と同一の効力を有する慣習として
    「公の秩序又は善良の風俗に反しない慣習は、法令の規定により認められたもの又は法
    令に規定されていない事項に関するものに限り、法律と同一の効力を有する。」とされて
    いる。条文の内容を確認すると、公の秩序とは、一般的に言われている法令のことをさ
    し、善良の風俗とは、道徳の意味としてとらえられている。つまり、それらに反してい
    ないものについては、日本において法律として成文化されていないものであっても、法
    律と同一の効力があることを示し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。