法律学概論 分冊1

閲覧数704
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    合格レポートになります。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の解釈の性質に関して、「具体的妥当性(あるいは正義)を犠牲にして、法的安定に奉
    仕する」とはどういうことか?また、この姿勢は望ましい法解釈といえるか?
    法的安定性とは、何かの行動や行為に対して、適用された法律が例外ないこととして
    考えるものである。それによって、人間が生活する上での安定性や社会の秩序を守る上
    で非常に重要な役割を担っている。例えば、車が道路を走ることは問題ないことである。
    歩道を走っている訳ではないので、行動としては問題がないと考えられる。しかし、日
    本では、車道では左側通行という法律がある。そのため、右側通行をしている自動車は
    法律から外れた行為をしていることになる。法律があることで、自動車の安全、歩行者
    の保護が行われていることとなる。発生した状況にしたいして、権利や罰がそれに応じ
    て与えられることが法的安定性となる。具体的妥当性とは、その状況、ケースによって
    妥当な解釈を行うこととして考えることである。つまり、その状況に法律をあてはめた
    時に、誰もが納得できないことが起きる可能性がある。法律に当てはめているのだから、
    何も問題がないはずだが、誰もが納得できる妥..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。