看護学演習Ⅰ

閲覧数734
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/04/01 15:06
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    看護学演習Ⅰの合格レポートです。

    設題1
     子どもの健康の保持増進のために必要な生活援助技術(健康生活を習慣化するための生活行動)を一つ取り上げ、現代的課題を持つ子どもたちへの援助とその意義・方法について具体的に述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1
    子どもの健康の保持増進のために必要な生活援助技術(健康生活を習慣化するための生
    活行動)を一つ取り上げ、現代的課題を持つ子どもたちへの援助とその意義・方法につい
    て具体的に述べなさい。
    近年、格差社会が進む中で貧困問題はますます拡大の一途をたどっている。その影響は
    もちろん子どもたちにも出ていて、「子どもたちの貧困」というフレーズを、様々なメディ
    アで耳にすることも多い。
    厚生労働省が発表した「平成 28 年国民生活基礎調査」の資料には、13.9%の子供たちが
    相対的貧困に陥っているという現状が数字として示されている。相対的貧困とは全人口の
    所得中央値の半分を下回っている人の割合のことで、簡単にいえば、その社会で平均的と
    される暮らしを送ることが難しい状態にあることを指す。そのような家庭の子供たちの中
    には、健康状態・栄養状態が極めて悪い子どもたちも存在する。彼らが直面する問題とし
    て、学校に来ても体のだるさが原因で授業が受けない、勉強に集中できない、などが挙げ
    られる。その結果、授業についていけなくなり、子どもが学校に来なくなることもある。
    子どもたちが教育を受けるに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。