包括的リハビリテーションを進めるには、医療と福祉を機能的にどう統合すべきかについて論じなさい。(A評価/1100字程度)

閲覧数465
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/03/28 11:26
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士養成通信課程の課題です。
    レポート評価A評価になります(A~Dの4段階中)

    科目名:「人体の構造と機能及び疾病」(1100字程度)


    <参考文献>
    人体の構造と機能及び疾病/ミネルヴァ書房/2009年

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近 年 、 急 速 な 高 齢 化 、 医 療 技 術 の 進 歩 に よ り 、 障 害 を も つ 成 人
    や 高 齢 者 が 増 加 し て い る 。 ま た 、 介 護 保 険 制 度 の 導 入 や 在 院 日 数
    の 短 縮 化 に よ り 、 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン ( 以 下 、 リ ハ ) の 範 囲 は 、
    病 院 か ら 福 祉 施 設 、 在 宅 を 含 む 地 域 へ と 広 が り 、 「 包 括 的 リ ハ ビ リ
    テ ー シ ョ ン 」の 実 践 が 求 め ら れ て い る 。そ の た め に は 、医 療 機 関 ・
    施 設 同 士 、 専 門 職 同 士 が 有 機 的 に 連 携 し 、 医 療 と 同 時 に 社 会 福 祉
    サ ー ビ ス の 提 供 を 行 え る 体 制 が 必 要 で あ る 。 本 論 で は 、 そ の 鍵 と
    な る 『 医 療 ソ ー シ ャ ル ワ ー カ ー ( M e d i c a l S o c i a l Wo r k e r 以 下 、
    M S W )の 役 割 』と『 地 域 包..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。