アドボカシーの意義について

閲覧数514
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/02/08 11:13
    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    社会福祉士通信過程 90/100のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワーカーは、クライエントの意思決定能力の状態に応じて、成年後見制度や
    日常生活自立支援事業、住民による助け合い事業などの合理的な手段を活用できるように
    支援しなければならない。そのためにもクライエントの人としての権利擁護に努めなけれ
    ばならないと考える。
    わが国では、アドボカシーを「代弁」と訳されてきたが、クライエントの権利を擁護す
    るさまざまな仕組みができたことに伴い、「権利擁護」といわれることが多くなった。権利
    擁護という言葉から考えると、クライエントは自分の権利が侵害されていることに気づき
    にくく、さらには自分の権利を主張することができないことが多々ある。つまり、アドボ
    カシ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。