W0505_リハビリテーション論

閲覧数440
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/02/06 9:29
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    設題1:A評価です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0505 リハビリテーション論
    第 1 設題 :障害 の受容 につ いて考 察せよ 。
    ・ ノーマ ライ ゼーシ ョンの 理念
    ノ ー マ ラ イ ゼーシ ョンと は、す べて の人が 当然持 っている 普通の 生活
    を 送る権 利を 、でき る限り 保証す るこ とであ る。障 害者のい ない社 会は
    な く、障 害の ある人 であっ ても、 障害 のない 人と同 じ機会を もつべ きで
    あ るとい う考 えであ る。
    ノ ー マ ラ イ ゼーシ ョンの 理念は 、1959 年 、デ ンマ ークの バンク・ミ ケ
    ル センに より 提唱さ れたも ので、 知的 障害者 にとっ て、可能 な限り ノー
    マ ルな生 活様 式に近 い生活 を創造 する ことを 、その 理念とし てい る 。障
    害 者が日 常的 に交流 してい ける地 域社 会を確 保しよ うとする ことで ある
    と 考える 。
    リ ハ ビ リ テ ーショ ンは、 人間の 価値 の回復 を目指 すもので あるか ら、
    家 族や地 域社 会のな かで、 隔離さ れる ことな く統合 されなけ ればな ら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。