【明星通信】人文地理学(PE3030) _ 2単位目 合格レポート

閲覧数566
ダウンロード数2
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/12/27 13:46
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    明星大学 教育学部 通信教育課程、標題科目の合格レポートです。

    これまで全て一発合格で、本レポートも高評価をいただきました。
    通信という孤独な環境下で勉学に励んでおられる皆様のお役に立てれば幸いです。

    【2単位目課題】
    ① 教科書の第1章を除いた章からひとつを選び、節ごとに内容を要約しなさい。
    ② ①で選んだ章について、とくに印象に残った点、または疑問に思った点をあげ、理由を説明しなさい。

    他、随時アップロードしておりますのでよろしくお願いします。
    資料室 → http://www.happycampus.co.jp/docs/930771627526@hc18/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <人文地理学(PE3030) _ 2 単位目 合格レポート>
    【課題】
    ① 教科書の第1章を除いた章からひとつを選び、節ごとに内容を要約しなさい。
    ② ①で選んだ章について、とくに印象に残った点、または疑問に思った点をあげ、理由を説明し
    なさい。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    【レポート本文】
    ①第 7 章「村落の地理」について、以下にて要約する。
    7.1 日本の村落は、立地から臨海村・山村・平地村に大別することができる。臨海村の多くは
    海際の限られた土地に家屋が密集して立ち並び、山村は傾斜地をなす地滑り地に立地することが
    多い。平地村としての村落形態は多様であり、古くより山麓部から扇状地や沖積平野の広がる低
    地部へと居住域が拡大してきたが、近年では新興住宅地が虫食い状に進出し、内水災害を被るケ
    ースも多くなった。
    また、その地理的要素である住居・施設・路線・土地の組合せにより、多様な村落形態の類型
    化が可能である。特に土地保有に着目すると、数十戸の家屋が凝集した集村と家屋が一戸ずつ分
    散する散村に分類できる。前者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。