平成29.30年度 道徳教育の理論と方法 合格レポート

閲覧数2,371
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員1,100円 | 非会員1,320円

    資料紹介

    あくまで資料ですので、ご参考までになさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成 29・30 年度 道徳教育の理論と方法
    課題 平成 27 年度の一部改正学習指導要領での、中学校教育全体を通じた道徳教育の目標
    (教材の図4-1参照)をどう実現するかに言及しつつ、それに沿って道徳科の目標(教
    材図 4-4 の参照)と内容(教材の図 4-5 とp122-124 等の参照)について、そして道徳
    科の指導方法に沿って新しい道徳授業の展開について論述しなさい。
    (1800 字以上 2000 字以内)
    一般的に、‘’道徳教育の目標とは、「道徳的な心情を育て、判断力、実践意欲を持たせ
    るなど、道徳性を養う教育のことをいう。
    現在日本の学校で行われる道徳教育については、学習指導要領に規定されており「道徳
    科の目標は、学校の教育活動全体を通じて行うもの」であると示されている。つまり、そ
    の内容は、国語科や社会科といった教科の授業や特別活動といった教科外活動(領域)に
    おいても道徳教育が行われるものとして位置づけられている。
    これは道徳とは本来誰からも評価がなされない場合であっても、当然の事として行われば
    なければならないものであることが、一つの根拠となっている。即ち、..

    コメント1件

    横浜国大卒業者(現役合格) 非購入
    コメント失礼いたします。何評価の合格でしたでしょうか。
    差し支えありませんでしたら、よろしくお願いいたします。
    08/03 18:44 (6週前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。