W0809_家庭支援論

閲覧数810
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/11/01 15:16
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    参考程度にして頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0809 家庭支援論
    第 1 設題:家 族・家庭 をめぐ る昨今 の状 況を踏 まえ 、家庭 支援の 必要 性
    や その目 的、 そして 具体的 な支援 に際 しての 留意点 について 論述し なさ
    い。
    1990 年代半ばから少子化対策として始まった子ども家庭支援施策か
    ら すでに 25 年 以上 経過し た。 しかし 、出生 率は上 向きに ならず 、人 口
    を 占める 子ど もの数 は毎年 最低を 更新 してい る。保 育所待機 問題も 保育
    士 の賃金 の見 直しな ど行わ れたが 、抜 本的な 解決策 を欠いた まま、 解消
    の 見通し が立 たない ままで ある。 さら に、児 童相談 所が把握 した児 童虐
    待 の件数 は過 去最大 となっ ており 、潜在 的な 虐待を 含めれば 、「 子育て 」
    そ のもの が危 機状況 を拡大 してい ると考 える 。
    ・ 教育費
    日 本 の 就 学 前 の 教 育・ 保 育に おけ る 公費 負 担割 合は 45.5%と OECD
    加盟 28 カ国 の中で も最 下位と もいえ る数値 であ り、 OECD の ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。