社会保障論4単位目 2016=良

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数228
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年に提出した東北福祉大・通信教育部のレポートで、評価は良でした。 学習の一助になればとおもいますが、万が一、全部コピーで提出等の行為によるカンニング扱い等については、当方は一切関知しませんし責任も負いません。自己判断と自己責任でお願いします

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    「少子高齢化の進展のなかで、わが国の社会保障制度はいかにあるべきか、社会保障の理念を
    踏まえながら各自の見解を述べなさい。」
    まず、現在の日本において、大変重要な問題の一つになっている「少子高齢化」について考える。
    平成16年の「高齢社会白書」によると、次のように定義されている。一般に、高齢化率が7%を超え
    た社会を「高齢化社会」、14%を超えた社会を「高齢社会」と呼んでいる。「高齢社会」という用語は、
    1956年の国連の報告書において、当時の欧米における先進国の水準を基にしながら、仮に7%
    を「高齢化した(aged)」人口と呼んだことに由来するものではないかと考えられている。また、「高齢
    社会」については、高齢化率が7%からその2倍の14%に到達するまでの期間(倍化年数)が高齢
    化の進展のスピードを示す指標として国際比較などでよく使われていることから、高齢化率14%を
    一つの基準として定め、これを超えたものを「高齢社会」と呼んでいるものと考えられる。
    日本においては、既に平成14年に65 歳以上の老齢人口は総人口の18.5%を占めるようにな
    っており、すでに高齢社会に突入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。