社会保障論3単位目 2016=良

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数212
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年に提出した東北福祉大・通信教育部のレポートで、評価は良でした。 学習の一助になればとおもいますが、万が一、全部コピーで提出等の行為によるカンニング扱い等については、当方は一切関知しませんし責任も負いません。自己判断と自己責任でお願いします

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    「社会保障制度(例えば、年金、医療、雇用、労災、介護、生活保護など)のなかで、興味のある分
    野を1 つ選び、その現状と課題について述べなさい。」
    課題に挙げられた中から、「介護」の分野について述べるものとしたい。平成12 年 4 月に、介護
    保険制度が導入されたが、それ以前の高齢者福祉に関する公的制度として、その中核を担ってい
    たのは、措置制度を基本とする老人福祉制度であった。
    措置制度の問題として、福祉と医療の各制度間の負担や、利用手続きのおける格差や差異が存
    在すること、また、サービスを受けるためには所得調査などを必要としたため、介護を必要としてい
    ても心理的な抵抗感から申請せず、本来受けられるべき権利の行使をためらう高齢者もいた。
    主として介護を必要とする高齢者が、長期間一般病院へ入院する「社会的入院」などという事態
    の発生も介護保険制度の導入へとつながっていく要因の一つとなった。
    介護サービスが必要な人に、適切な形で利用しやすいように「介護の社会化」を目指した介護保
    険制度は、財源方式として社会保険方式を採用した。これにより、負担と給付の関係を明確にし、
    権利性を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。