<商学総論分冊1>日大通信2018/17年度

閲覧数546
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/10/15 16:55
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員540円 | 非会員648円

    資料紹介

    講評:キーワードについても意識されている。また、事例を用いて広告の意義についても検討されています。ブランド・イメージとの関連からも言及されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:広告について説明し、広告が有効に活用されていると考えられる事例について論述しなさい。
    米・歴史学者デビット・ポッターが「広告とは、社会的影響の大きさにおいて、学校や教会などのような伝統的な制度に
    匹敵する。広告はメディアを支配し、流行を作りだす巨大な力を持っているという意味で、社会をコントロールする有数な
    制度の一つである。」と、社会における広告の影響力の大きさを述べている。我らには、日常生活を送る中で、広告と接し
    ない日は無いと言って良いだろう。「広告」とは、告知活動を指すことが一般的だ。営利企業なら商品やアイディアを開
    発・製造し、販売・提供する為には非常に有効なパフォーマンスで、存在証明でもあると言えよう。しかし広告とは単にそ
    ういった活動のみを指すものではなく、国際的定義として、より広義な概念として見ていく事が自然だ。
    広告には目や耳に触れる其々の広告(advertisement)とそれらを一般化した広告(advertising)との意味がある。また、そ
    れぞれの広告の概念や、範囲、内容、形式、手段で効果を発揮する仕組みも多様だ。現代に展開する事例がより理解できる
    為..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。