W0502_公的扶助論第1設題

閲覧数1,007
ダウンロード数6
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    A評価です。
    参考にして頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0502 公的扶助論
    設題 1:現 代の 貧困 の特 徴と 構造 につ いて
    1. 「 低所得 層」 の就労
    2. 今 日の国 民の 生活の 実態
    3. ナ ショナ ルミ ニマム につい て
    4. 「 貧困」 から 逃れる には
    ・「低 所得層 」の 就労
    貧 困の広 がり 、また 深刻化 の背景 には、 雇用 の「非 正規化」 や「雇 用の
    流 動化 」が大 きく影 響して いる 。( 注 1)非正 規雇用 では最 低賃金 を下 回
    る ことも 場合 もあり 、正規 雇用を された とし ても、 いわゆる 「名ば かり
    社 員」と 呼ば れる「 周辺的 正規労 働者」 が増 加して おり、そ の業務 内容
    の 深刻さ が問 題にな ってい る。運 送会社 の長 時間労 働、サー ビス残 業が
    浮き彫り にな ってい るが 、(注 2)それ は過労 死や労 災が起 きても おか し
    く ないレ ベル である 。また 、 精神 疾患に 罹患 させる 原因にも なり、 離職
    の 原因に なる など 、「低 所得層 」の 全ての 就労に おい て「貧 困の連 鎖」に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。