W0502_公的扶助論設題2

閲覧数525
ダウンロード数1
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/10/04 18:04
    • ページ数 : 6ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    A評価です。
    参考にして頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0502 公的扶助論
    設題 2:生活保護制度について
    1. 生 活保護 とは
    2. 生 活保護 の実 態
    3. 生 活保護 の問 題点
    4. 生 活保護 訴訟 とは
    5. 生 活保護 につ いて思 うこと
    ・ 生活保 護と は
    生 活保護 とは 生活保 護法 1 条で定 められ ている「 最低生活 保障 」と「自
    立 助長 」に おいて「 生活に 困窮す る全て の国 民」を救済 する 制度で ある 。
    「 生活が 困窮 する」 につい て、
    「 法 の 起 草 におい て中心 的役割 を担 った小 山進次 郎は『人 間とし ての
    生 活に必 要最 低限の 需要が 充足さ れない ため に苦し むこと』(注 1)
    と してい る。 それら のこと から、 苦し みから 少しで も緩和 し 、最終 的に
    解 放され 生活 安定に 至るこ とが、 法の目 的で 目標と 考えられ る。
    保 護の内 容と しては 、
    「 1項で 『保 護は、 厚生労 働大臣 の定 める基 準によ り測定し た要保 護者
    の 需要を 基と し、そ のうち 、その 者の 金銭又..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。