W0501_社会保障論第2設題

閲覧数532
ダウンロード数3
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/10/04 17:48
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    A評価です。
    参考にして頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0501 社会保障論
    第 2 設題 皆 年 金 体制 につ いて解 説し 、その 空洞化 につい てその 原因 を
    含 めて考 察し 、公的 年金制 度改革 の方 向につ いて、 あなたの 考えを 述べ
    な さい。
    --
    ・ 公的年 金制 度の歴 史
    公 的 年 金 制 度は国 際的に 19 世 紀の ドイツ 、ビス マルク で導入 され た
    廃 疾、老 齢法 が最初 である 。ほか では 、デン マーク では税を 主たる 財源
    と した老 齢年 金制度 が、ド イツが 1891 年 に 成立す る。公 費負担 式に よ
    る 公的年 金制 度は以 後ヨー ロッパ 各国を はじ めとし て広がっ ていっ た。
    日本にお け る公的 年金制 度は戦 時中の 1940 年 前 後から はじま るが、
    先 立って の歴 史があ り、それが 軍人・官吏 に対す る「 恩給制 度」である 。
    明 治維新 後の 1876 年 に は 陸軍 恩給令 が定め られ、 ここか ら陸海 軍の 恩
    給 制度が はじ まり、 1884 年 か らは 官吏恩 給制度 が制定 され た。 19..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。