W0501_社会保障論

閲覧数605
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/10/04 17:34
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    A評価です。
    参考にして頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0501 社会保障論
    設題 1 自 助 と 社会 保障の 関係 につい て述べ 、現代 の社会 保障の 理念 と
    役 割につ いて 説明し なさい 。
    --
    ・ 自助と 社会 保障の 関係
    「 自助」 とは 同居家 族を含 む個 人の私 的努力 の営み であり 、資本 主義
    社 会にお ける 生活の 自己責 任原則 を意味 する ものと 考える。
    基 本とさ れる ものは 「自ら 働いて 自ら の生活 を支え 、自らの 健康は 自ら
    で 維持を する 」とい うもの である 。
    「 自助」 と関 連性を 述べる ために 「社会 保障 」につ いて記述 をした い。
    社会保障(しゃかいほしょう、 英: Social security schemes)は、個人的
    リスクである、病気・ けが・ 出産・ 障害・ 死亡・ 老化・ 失業などの生活上
    の問題について貧困を予防し、 貧困者を救 い、生活を安 定 させるために 国
    家 または社会が 所 得移転 によっ て 所得を保 障し、 医療や 介護などの社会的
    サービス(Social benefits)を給付する制度を指す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。