W0358_精神医学設題2

閲覧数414
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/10/04 16:35
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    A評価です。
    参考にして頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0358 精神医学
    第 2 設題 :統合 失調症 者の 生活の しづら さにつ いて 考察し なさい 。
    ・ 統合失 調症 とは
    統 合 失 調 症 とは 、主と して 10 代 後半から 20 代 前半 の思 春期 、青年 期
    に 発症し 、人 格、知 覚、思 考、感 情、 対人関 係など に障害を きたす 原因
    不 明の脳 の疾 患であ る。現 在では 染色 体異常 が原因 ではない かとの 推測
    も ある。 幻覚 ・妄想 ・自我 障害な どの 陽性症 状と、 感情麻痺 ・意欲 低下
    な どの陰 性症 状が出 現する 。
    記 憶 や 注 意 、遂行 機能な どの認 知機 能にも 軽度の 低下がみ られる のも
    特 徴であ る。 未治療 の段階 では急 性の 精神病 エピソ ードを繰 り返 し 、慢
    性 に経過 し、 生産的 な社会 生活が 送れ なくな る。し かし、薬 物療法 ・心
    理 社会的 治療 を行う ことに よって 再発 は予防 でき、 多くは社 会的に 自立
    し た生活 が送 ること も可能 である と考え る。
    ・ 精神分 裂病 命名ま での歴 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。