W0345_障害者福祉論第2設題

閲覧数475
ダウンロード数2
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/10/04 15:19
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    A評価です。
    参考にして頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0345 障害者福祉論
    第 2 設題 障 害 者福 祉を提 供す る事業 体の多 元化の 課題に ついて 考察 し、
    ど のよう な供 給主体 が望ま しいの かを 具体的 な事例 を紹介し ながら 述べ
    な さい。
    --
    ・ 規制緩 和と 福祉供 給主体 の多元 化 によ る問 題につ いて
    2000 年 の 介 護保 険制度 の発足 を機に 福祉 社会お いて、営 利企業 の参 入
    規 制が解 除さ れ、新 たなフ ァクタ ーと して都 市部を 中心に 急 激に事 業拡
    大 が行わ れて いる。 最近話 題に上 がる ものの 代表と して住宅 型有料 老人
    ホ ームな どが それに 該当す ると考 えられ る。
    ま た、社会福 祉法 人や医 療系法 人など に加 えて 、NPO 法人 や共同 組合 な
    ど の非営 利組 織も活 発に事 業を推 進し 、福祉 供給主 体の多元 化とい われ
    る 状況が 出現 してい る。
    し かしそ の一 方で、 公共セ クター によ る福祉 供給は 定価の一 途を辿 って
    お り、介 護保 険事業 や障害 者福祉 事業 から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。