W0104_社会福祉方法原論第1設題

閲覧数365
ダウンロード数1
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/10/04 14:29
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    A評価です。
    参考にして頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0104 社会福祉方法原論
    第 1 設題:利用契 約制度 が、利 用者・家 族の暮 らし、福祉 施設・事 業所
    の 運営・ 経営 に与え ている 影響に つい て明ら かにし た上で、 福祉専 門職
    に 求めら れる 課題と は何か につい て論述 せよ 。
    高 度 経 済 成 長のも とでわ が国の 社会 や経済 が大き く変化し たこと によ
    り、人々 の労 働や暮 らしは 大きな 影響 を受け 、新た な生活問 題が生 み出
    さ れてき た。 これら を解決 するた めに 、社会 福祉へ の国民の 要求が 高ま
    り 、社会 福祉 の法的 な整備 が更に 進化し てい った。
    社 会 福祉 現場の 実践の 積み重 ねの 中で「 日本医 療社会 事業 協会 」「 公的
    扶 助研究 全国 連絡会 」など の研究 会が 発足し 、 社会 福祉実践 の理論 化も
    進 み 、社会 福祉の 社会化 が進 んだこ とによ って多 様化し てき たと考 える 。
    し か し 、 社 会福祉 基礎構 造改革 のも と、社 会福祉 制度に「 利用契 約制
    度 」が 導入さ れたこ ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。