W0102_社会福祉原論第1設題

閲覧数490
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/10/03 17:24
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    A評価です。
    参考にして頂けたら幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0102 社会福祉原論
    第 1 設題 現 代 社会 におけ る社 会福祉 の果た すべき 役割や 目的と はな に
    か 、社会 問題 として の貧困 問題、 生活問 題と かかわ らせて、 述べよ 。
    ---
    ・ 社会福 祉と は
    社 会福祉 とは Social Welfare の 訳 語であ る。「社会 全体が 良い方 向に 向
    か う」こ とと 「個々 の暮ら し向き をよ りよく してい くための 社会的 な方
    策 」とい うふ たつの 意味が 込めら れてい る。
    社 会福祉 の広 義が「 制度・ 政策目 的概 念」と して用 いられて いたの に対
    し て、狭 義で は現存 する行 動・行 為・ 制度・ 政策を 指す実態 概念と して
    解 釈され てい ると考 える。
    日 本にお いて 社会福 祉政策 が確立 した のは第 二次世 界大戦後 に制定 され
    た 日本国 憲法 におけ る諸規 定であ り、「す べての 国民 は健康 で、文化的 な
    最 低限度 の生 活を営 む権利 を有す る 」とう たって おり 、「国 は 、すべ ての
    生 活部面 につ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。