W0103_社会福祉史第1設題

閲覧数461
ダウンロード数3
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/10/03 15:13
    • ページ数 : 5ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    A評価です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    W0103 社会福祉史
    第 1 設題:前近代( 第一 段階)に おける 仏教の 救済(慈悲 の実践) につ
    い てその 内容 と特徴 を論述 しなさ い。
    慈 悲の 実践 によ る仏 教福 祉
    「 慈悲は 仏道 の根本 」で ある と考え られ「慈 は衆生 を愛念す ること 」「悲
    と は衆生 を愍念する こと」 とされ る。 聖徳太 子は「 慈心は楽 を与え 、悲
    心 は苦を 抜く 」と いう抜 苦与 楽を述 べた 。「 仏道 」と は 人間 が仏と なり 人
    間 が悟り を開 き人間 として 自覚す るこ と基本 に慈悲 の実践を 見出す とい
    う 考えで ある 。
    こ うした 友愛 の情の 抽象化 である 愛他 理念と しての 慈悲の実 践は宗 教的
    実 践であ ると 考えら れた。 すなわ ち福 祉実践 を意図 しなかっ た。こ のよ
    う に慈悲 とは 仏道に 関係す るもの であ るがそ の慈悲 の対象を 人々に する
    こ とによ って 「福祉 」を展 開させ ること とな った。
    仏 教にお ける 「慈悲 」とは 愛他理 念を 内包す る宗教 的実践で ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。