看護実習【子供の成長・発達段階に応じた日常生活の援助を実践出来る】1

閲覧数811
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/09/27 13:28
    • ページ数 : 1ページ
    • 会員972円 | 非会員1,166円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児看護学実習(保育所実習) 実践記録 ( 指導者)
    受持氏名 ( )氏 年齢 歳代 男 女 ( )G 学生氏名( )
    月 日 曜日
    実習 第 日目 本日の看護目標 子供の成長・発達段階に応じた日常生活の援助を実践出来る
    本日の行動計画 目標・実施する方法 実施・結果 評価・考察
    ①体操、運動、体

    ②生活指導
    ③更衣
    ④午睡
    ①子供の発達段に応じた運動の援助
    を実践できる体育で激しい運動を行う
    ため事前に水分補給を促す。転倒事
    故を防ぐため、活動範囲の障害物を
    なくす、熱中症症状(意識レベル低
    下、ふらつき、こうむら返り、頭痛、吐
    き気、発熱)の観察と空調管理
    ②子供の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。