福祉心理学1単位目(評価:優)2016

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数405
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東北福祉大・通信教育部の福祉心理学1単位目です。
    2016年度に「優」の評価を頂きました。
    レポート学習の参考になればと思います。

    尚、丸写しで提出したことに伴うカンニング認定等の
    トラブルに対しては、一切当方は責任を負いません。
    個々のレポート提出については、自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    「福祉心理学の枠組みのひとつである人間理解が、「心理学的視点」からはどのように行わ
    れるかについてまとめ、考察しなさい。」
    心理学を大まかに説明すると、心と行動の成り立ちについて科学的に考える学問であり、人
    間の心と行動の間に、どのような関係があるのか、またどのように人間の認知や行動に影響を与え
    ているのかを科学的に探究するものであるといえる。そして、そこから発展して「福祉心理学」を考
    えた場合、児童、または高齢者、障害者などといった、様々な援助が必要な人たちに援助する上
    で、臨床的な観点から人の幸福を増進させ、生活の質を高めることにおいて活用していく為の学問
    であると言える。
    心理学における人間理解を行う為には、その個人の性質や生活歴といった背景を把握する必
    要がある。一概に言われるパターンや過去の事例というような経験則なども重要であるが、それぞ
    れ実際におかれた状況下に対する理解は、個人個人それぞれの受け止め方があり、類似するもの
    はあれども、決して同じ反応をすることはない。その本人の生活環境や、どのような人生を歩み、体
    験してきたのを理解しなければならない。また、同じ人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。