18-① 権利擁護と成年後見制度 〔評価A〕

閲覧数913
ダウンロード数5
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/07/03 17:09
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成所の第4学期提出レポートです。
    科目「権利擁護と成年後見制度」
    課題「任意後見制度について、それはどのような人を対象とし、その制度を利用することで法的にいかなる利点があるのか、成年後見制度と比較しながら説明しなさい。その上で、現状どのような問題があるのか、その対応策も含めて検討しなさい。」
    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    30× 40 社会福祉士養成所
    成 年 後 見 制 度 と は 、 判 断 能 力 が 不 十 分 な 人 の 生 活 、 療 養 看 護 お よ
    び 財 産 の 管 理 に 関 す る 事 務 を 、 本 人 と と も に 本 人 の 支 援 者 で あ る 成
    年 後 見 人 等 が 行 う こ と に よ っ て 、 本 人 の 意 思 や 自 己 決 定 を 尊 重 し な
    が ら 本 人 を 保 護 す る た め の 法 律 上 の 制 度 で あ る 。 成 年 後 見 制 度 に は 、
    大 き く 分 け る と 、 任 意 後 見 制 度 と 法 定 後 見 制 度 の 2 種 類 が あ り 、 二
    つ の 制 度 の 一 番 の 違 い は 、 後 見 人 の 選 任 が 、 本 人 の 判 断 能 力 が 不 十
    分 に な る 「 前 」 か 「 後 」 か 、 と い う こ と で あ る 。
    任 意 後 見 制 度 の 利 点 は 次 の 5 つ で あ る 。 ① 後 見 人 を 裁 判 所 の 選 任
    で は な く 、 自 ら の 意 思 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。