14-① 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 〔評価B〕

閲覧数701
ダウンロード数3
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/07/03 15:20
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成所の第3学期提出レポートです。
    科目「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」
    課題「児童相談所における児童虐待の対応について説明しなさい。」
    評価:B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    30× 40 社会福祉士養成所
    児 童 虐 待 の 相 談 件 数 は 年 々 増 加 傾 向 に あ る 。 平 成 2 5 年 度 の 児 童 相
    談 所 に お け る 児 童 虐 待 相 談 対 応 件 数 は 7 万 3 千 件 を 超 え 、 全 国 統 計
    が 開 始 さ れ た 平 成 2 年 度 に 比 べ る と 約 6 7 倍 と な っ て い る 。 児 童 虐 待
    が 増 加 し て い る 要 因 と し て 大 き く 三 つ の 原 因 が 考 え ら れ る 。 ま ず 、
    親 の 要 因 で あ る 。 親 自 身 が 精 神 的 に 不 安 定 、 あ る い は 障 害 や 疾 病 を
    抱 え て い る 、 望 ま な い 妊 娠 で あ っ た 等 が あ げ ら れ る 。 次 に 養 育 環 境
    の 要 因 で あ る 。 経 済 的 に 不 安 定 で あ る こ と や 、 地 域 で 孤 立 す る な ど
    ス ト レ ス の 高 い 環 境 に い る こ と で あ る 。 次 に 子 ど も の 障 害 や 疾 病 で
    あ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。