【明星通信】 倫理学概論(PE2110) _ 2単位目 合格レポート

閲覧数3,318
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 教育学部 通信教育課程、標題科目の合格レポートです。

    これまですべて一発合格で、本レポートも高評価をいただきました。
    通信という孤独な環境下で勉学に励んでおられる皆様のお役に立てれば幸いです。

    【課題】
    <2単位目>
    3問中1問を選んで、課題番号と課題を記入して報告しなさい。※2aを選択
    2a.「責任」について論じなさい
    2b.ニーチェの「道徳批判」について論じなさい
    3c.日本思想における「正義」と「善」について論じなさい


    他、随時アップロードしておりますのでよろしくお願いします。
    資料室 → http://www.happycampus.co.jp/docs/930771627526@hc18/

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <倫理学概論(PE2110) _ 2 単位目 合格レポート>
    【課題】
    3 問中 1 問を選んで、課題番号と課題を記入して報告しなさい。※2a を選択
    2a.「責任」について論じなさい
    2b.ニーチェの「道徳批判」について論じなさい
    3c.日本思想における「正義」と「善」について論じなさい
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    【レポート本文】
    2a.「責任」について論じなさい。
    「責任」という語は極めて多義的である。本レポートでは、責任という語の分類をしつつ、現
    代に於いて「責任を負う」とはどういうことなのかについて論じていきたい。
    「責任」を時間性の視点から紐解くと、過去の行為や出来事に対して用いられる「遡及的責任」
    と、未来の役割や立場に対して用いられる「予見的責任」の 2 つに大別される。前者は法的責任
    に代表されるように、過去の行為によって生み出された欠如を埋め合わせる義務としての責任で
    あり、賠償的、補償的、弁済的な責任と言い換えることが出来る。対して後者は特定の立場や役
    割を通じて特別な権限を持つ人が、悪...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。