日本大学 平成27年~28年度 国際政治学レポート 分冊1

閲覧数2,224
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    日本大学 平成27年~28年度 国際政治学レポート 分冊1の課題レポートです。29年~30年の課題レポートも同じような内容になっています。

    国際経済論 分冊1
     次の問1~問い4の中から2つ選び、その番号をそれぞれ最初に掲げ、キーワード2つの語句参考文献(論文を含む)を3冊以上掲げ、参考・引用した頁数を明記しなさい(ネットからの情報は参考文献の50%以下とする。)
    問1 国際社会を伽観的に分析するための基本的な心構えについて述べなさい。
    (キーワード) 社会科学、文化相対主義
    問2 近代国際システムの原型とされているウエストファリア(1648年~)と現代の      国際システムとを比較して、類似点と相違点について述べなさい。
    (キーワード)主権国家、政府間国際組織
    問3 冷戦終結後(1989年~)にこれまで表面に出てこなかった民族紛争が各地で勃発した理由について説明しなさい
    (キーワード) 旧ユーゴスラビア、文明の衝突
    問4 グローバリゼーションを推進する思想とアクターについて説明しなさい
    (キーワード) 新自由主義、ワシントン・コンセンサス 
    問1と問3に回答

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     国際経済論 分冊1
     次の問1~問い4の中から2つ選び、その番号をそれぞれ最初に掲げ、キーワード2つの語句参考文献(論文を含む)を3冊以上掲げ、参考・引用した頁数を明記しなさい(ネットからの情報は参考文献の50%以下とする。)
    問1 国際社会を伽観的に分析するための基本的な心構えについて述べなさい。
    (キーワード) 社会科学、文化相対主義
    問2 近代国際システムの原型とされているウエストファリア(1648年~)と現代の      国際システムとを比較して、類似点と相違点について述べなさい。
    (キーワード)主権国家、政府間国際組織
    問3 冷戦終結後(1989年~)にこれまで表面に出てこなかった民族紛争が各地で勃発した理由について説明しなさい
    (キーワード) 旧ユーゴスラビア、文明の衝突
    問4 グローバリゼーションを推進する思想とアクターについて説明しなさい
    (キーワード) 新自由主義、ワシントン・コンセンサス 
    問1と問3に回答
     ※ 平成28年1月に提出したものです。文化相対主義の要点は、優劣をつけずに書く文化を理解するという点です。今後も社会を伽観的に捉えていこうとすることを期待し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。