【社会調査 A評価】社会調査の性格と類型についてまとめ、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の相違について述べよ。

閲覧数1,816
ダウンロード数5
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/05/08 17:29
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    レポートを作成する際には、図書館で最新・最適の参考文献・資料を探しました。
    また、公官庁のデータも、レポート作成時点において、最新のデータを用いています。
    さらに、誤字や脱字、文章構成についても細心の注意を払い、そうした形式面でのミスは
    最小限度に抑えています!


    レポートで何を書いていいのか分からない方や、
    なかなかレポート作成のための時間を作れない社会人の方、

    私の資料が、社会福祉士を含む福祉専門職を目指す、
    通信教育学生(特に社会人!)の方の勉学の一助になれば幸いです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会調査の性格と類型についてまとめ、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の相違について述べよ。」
    1.社会調査の意義及び目的
     「社会調査とは何か」という問いに関しては、現在まで様々な論者によって語られているが、それらの定義の主たる要素を要約すれば、おおよそ、①社会的事象に対して、②現地調査等を用いて対象から直接に、③客観的手法を用いてデータを収集・整理し、集計や分析、及び解釈等を行うことで、④対象とした事象に関する客観的事実及び知見を明らかにし、⑤得られた調査結果を論文や報告書といった形態で自分以外の他者(読み手一般)に報告する一連の過程と位置付けることができる。つまり、個人の思い込みや想像といった主観によって語られがちな社会事象に対し、一定の科学的尺度をもって測定することで、客観的データとして数値化された事実を提示し、世の中に溢れる主観的な歪み等を正す。換言すれば、証拠(エビデンス)に基づく客観的事実を基礎に、当該社会事象に関して建設的な議論を行う上での正確な資料を提供するという目的のために行われる社会的営みこそが社会調査であるといえよう。なお、社会調査の歴史は古く、イギリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。