【高齢者福祉論A評価】在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について述べよ【東京福祉大学】

閲覧数1,484
ダウンロード数8
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    レポートを作成する際には、図書館で最新・最適の参考文献・資料を探しました。
    また、公官庁のデータも、レポート作成時点において、最新のデータを用いています。
    さらに、誤字や脱字、文章構成についても細心の注意を払い、そうした形式面でのミスは
    最小限度に抑えています!


    レポートで何を書いていいのか分からない方や、
    なかなかレポート作成のための時間を作れない社会人の方、

    私の資料が、社会福祉士を含む福祉専門職を目指す、
    通信教育学生(特に社会人!)の方の勉学の一助になれば幸いです!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について述べよ。」
    1. 在宅福祉の概念及び制度の変遷
     一般的に、在宅福祉サービスとは、地域社会において居宅で生活する高齢者に対し、市町村が主体となって実施・提供される諸サービスと位置付けることができるが、我が国において、在宅福祉サービスが注目され始めたのは 1970年代の中頃である。それ以前の我が国における福祉政策は、低所得者対策と施設収容中心の福祉政策であった。しかし、英国において1968年に発表された、コミュニティケアの重要性を説いた「シーボーム報告」は、我が国における地域福祉行政の在り方に大きな影響を与えた。すなわち、社会福祉サービスはコミュニティを基盤として実施し、障害を有する者や高齢者を含むすべての人に一元的に対応できるようなシステムを構築することの重要性を提唱した同報告は、これまでの我が国における福祉政策観の見直しを促し、援助を必要とする人たちが住み慣れた地域の中で、可能な限り温かい家庭的雰囲気に包まれ、人間らしく生活できるよう、社会福祉を地域社会に根差したものへと再構築しようという議論の契機となったのである。こうした議論は、196..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。