ひとり親家(母子・父子家庭)における社会的不利について 相談援助演習

閲覧数1,837
ダウンロード数7
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    通信教育での社会福祉士養成課程時に、「優」判定もらったものを、修正したものです。
    レポート作成時に活用ください。約1600字で作成しています。
    【題目】ひとり親家庭が置かれている社会的不利について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ひとり親家庭が置かれている社会的不利について説明しなさい。
     現代社会における家族の変容のひとつの特徴として、離婚率の上昇などに伴うひとり親の増加がある。ひとり親家庭は、子育てと生計を一人で担うといった不利を抱えているために、仕事と子育ての両立の難しさ、非正規雇用の増加、男女の賃金格差などの雇用の分野をはじめとした、我が国が抱える社会問題の影響を顕著に受け、厳しい状況に立たされている。近年では、配偶者からのドメスティック・バイオレンス(DV)被害によりひとり親家庭になる場合も多く、また、多忙な生活による健康破壊、残業や休日労働の際の子どもの保育確保の困難、親子がともに過ごす時間の制限、仕事と家庭生活の両立など、ひとり親家庭は細部にわたり様々な問題が顕在化している。特に経済的問題は顕著で、母子世帯の収入は父子世帯の半分であり、常用雇用率も低く、多くの親が不安定就労についている現状がある。また、離別による心理的な影響などを考慮した子どもへの支援も重要であり、さらに、DVや児童虐待による心身への影響を踏まえ、安全確保とともに、心身の癒しや心的外傷の回復への支援も必要とされている。
     また、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。