在住外国人が抱える課題点を2つ挙げ、それぞれについて説明せよ。 相談援助演習 「優」判定

閲覧数1,242
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    通信教育での社会福祉士養成課程時に、「優」判定もらったものを、修正したものです。
    レポート作成時に活用ください。約1700字で作成しています。
    【題目】在住外国人が抱える課題点を2つ挙げ、それぞれについて説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     在住外国人が抱える課題点を2つ挙げ、それぞれについて説明せよ。
     日本に滞在する外国人は近年増加の一途を辿り、現在約220万人に達している。経済のグローバル化の中で今後も増加するものと予想される。地域の国際化が課題となる中、国籍や民族などの違いを超えて互いを尊重しながら生きる「多文化共生」の社会実現が求められている。わたしたちは在住外国人を社会の一員として自分たち日本人と同じような住民サービスを受けることができるように支援体制を整えていく必要がある。
    一方で、言葉や文化、習慣、宗教などが異なる外国人が地域社会で暮らしていくには、様々な問題に直面することにもなる。
    その中で、まず1つ目の課題点として、ことばの問題を挙げる。在住外国人が持つ悩みの多くが、日本語が不自由なことに起因している。日本語を理解できない在住外国人がかなりの割合を占めており、言葉の壁によるコミュニケーション不足から、医療、教育、地域活動など様々な場面で問題が生じやすい状況となっているほか、日本人と同等のサービスを受けることが困難なことも多くなってきている。
    また、外国人は、日本語能力が十分でないこと、日本の文化、習慣..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。